お肌のトラブル、しみをなくすための対策

しみを化粧品でケアすることは大切

老け顔に見えてしまう顔のしみ。人に見られやすいところにできるので、予防したり化粧品でケアすることは大切ですよね。

そもそも、しみができる原因にはいくつかあります。代表的なのが紫外線で、日焼け止めや帽子、日傘などでUV対策をしている人は多いと思います。これ以外にも、加齢によるお肌のターンオーバー(代謝)機能の低下、ストレスや睡眠不足、妊娠・更年期などによるホルモンバランスの乱れ、ニキビやアトピー、炎症、肝機能異常、摩擦など、外的な要因から内的な要因まで多岐にわたります。

原因によって、しみができるメカニズムは異なりますが、多くの場合は「メラニン色素」が発生したり、排出されずに皮膚に残ってしまうことがしみの元となります。紫外線の影響でできるしみは、「スポット斑(老人性色素斑)」で、日が当たりやすいほお骨の高い部分やこめかみにできやすいものです。また、「肝斑(かんぱん)」と言われるしみも多く、頬や額、口の周りなどに左右対称にできるという特徴があります。女性ホルモンの影響を受けやすいと言われています。

「そばかす」は遺伝的なものと言われ、鼻まわりや顔全体に小さな点々が現れ、子供の頃からできる場合もあります。しみができてしまったら、なるべく「ビタミンC誘導体」が配合されたローションなどの基礎化粧品を使いましょう。ビタミンC誘導体は、メラニン色素を抑える作用があるため、しみ予防には最適です。しみを薄くする場合もありますし、お肌にハリを与えるコラーゲンの生成も促進します。

また、美白効果や抗酸化作用などの成分が入った化粧品も、メラニン色素の抑制に良いとされています。ただし、しみを気にするあまり念入りにこすったりすると逆効果ですので、注意しましょう。