お肌のトラブル、しみをなくすための対策

HOME >>  お肌について > 真皮層のしみにも効果的なプラセンタで肌のしみ対策

真皮層のしみにも効果的なプラセンタで肌のしみ対策

私の頬には、大きなしみがあります。学生時代、紫外線をたくさん浴びているにも関わらず、紫外線ケアをまったくしておらず、そのツケとしてできてしまいました。頬の位置としては、それほど目立つ場所にはないのですが、角度によって目立ってしまいますので、髪型を工夫して目立たなくしたり、メイクでも工夫したりして、目立たなくしています。ただ、少しでも美白ケアを怠ってしまうと、しみが濃くなってしまいますので、毎日お肌のしみケアをしております。

美白美容液などの美白化粧品をいろいろ試しましたが、私の大きなしみには、あまり目立った効果が見られずにいました。もう、10年以上ほど前にできてしまったもので、ビクともせずそこに居座って居ますので、お肌の奥深くにある真皮層にできているしみではないかと思います。そうなると、普通の美白化粧品では、太刀打ちできません。ほとんどの美容成分は、お肌表面部分までしか浸透しませんので、真皮層にあるしみには効果がないのではないかと思います。それでどうしようか悩んでいたのですが、その時注目され始めていた、プラセンタに関心を持ち始めました。プラセンタは、お肌表面のしみだけでなく、真皮層のしみにまでも効果があるというものなのです。真皮層のメラニンの生成を抑えてくれるだけでなく、真皮層の新陳代謝も促してくれますので、それを知ってからは、プラセンタでしみ対策をするようになりました。

主に、プラセンタのサプリメントでケアをしております。飲み始めて1年以上経つのですが、しみの大きさはそのままではありますが、徐々に薄くなっているように感じます。角度によっては、もうほとんど目立たなくなって見えることもありますので、その効果を実感できているのではないかと思います。

プラセンタのサプリメントは、高価なものですので、なかなか続けにくいものなのですが、これから40代・50代へと年を重ねるごとに、お肌悩みも増えてくると思いますので、これがラストチャンスだと思い、これからも、プラセンタでしみ対策を続けていこうと思っております。