お肌のトラブル、しみをなくすための対策

HOME >>  お肌について > シミにはビタミンC誘導体が効果あり

シミにはビタミンC誘導体が効果あり

シミは顔に出来た茶色っぽく見えるものの総称で、正常な肌色とは違うものを言います。シミの無い白い肌は永遠に女性の憧れで、一時的に表面的をお化粧で隠すとかレーザーなどで取ってしまうと言う方法も有ります。しかしただ隠すのではなく、作らない努力をしたいものです。そのためにはまずシミの原因を知ることが必要です。

シミには外因性と内因性があります。内因性のシミは内臓の疾患が考えられることもあり、ただ表面的にスキンケアしても決して良くなることは有りません。専門の医師に相談して、原因を取り除かなければいけません。外因性のシミは主に紫外線を浴びたことによって出来るもので、アウトドア派の方やお化粧しないで外出してしまう方など太陽を浴びすぎた事によって起こります。

お肌は紫外線を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素を作り自己防衛します。そのメラニン色素は本来はお肌のターンオーバーによって肌表面に浮上し、新陳代謝によって剥がれ落ちますが、このサイクルがくるってくると肌表面にとどまってシミとなります。つまりシミを作らないようにするにはお肌のターンオーバーを促進することが何より大切なのです。

お肌のターンオーバーを促進するためにはビタミンC誘導体が必要です。出来るだけ若いうちからビタミンC誘導体の入ったローションでお手入れを続けることが大切です。また出来てしまったシミに対しては効果は薄いのですが、それでも美白成分の入ったローションで毎日パックをすることにより、少しは薄くすることが出来ます。しつこいシミには顔全体をパックした後に更に部分的にシミの濃い部分にパックをしましょう。決してあきらめずに続けることがシミに対する一番の方法なのです。